2008年12月27日

アルクで英語学習に目覚めた

学生から社会人に成り立ての頃は、英語学習はよくやっていました。学生時代には英語は好きで成績も他の教科よりよかったです。好きなものは学ぶことも苦ではないんですよね。なので英語学習の教材や本を買っては勉強していました。

アクティブ・イングリッシュ
当時、アルクの「Active English(アクティブ・イングリッシュ)」月刊の英語学習雑誌というのがあり、2年間定期購読していました。

あ、まだ本棚にあった!!(笑)

これはレベル的には初歩的、英語をやり直したい人向けの学習雑誌というものでした。

巻頭に「マンガで覚える英会話」という人気コーナーがあり、私はそれが好きでした。

そこの箇所を雑誌から切り離して小冊子を作り、テープ(当時はCDではなくカセットテープでした)にも、そのコーナーの部分だけを集めて、オリジナルのテープを作っていました。

それを車の中で聞くんですよ。運転中なのでもちろん本は見ません。テープの音をひたすら聴くんです。マンガは家で見るんです。そして声に出して、しかもテープにある声優さんの声の演技を真似て読むのです。これがマンガのストーリーも覚えて、英会話の表現もけっこう覚えるんですよ。

でも、いつなんだろう?
先日ふと英語をもう一度勉強したいと思い、アルクを検索してみると、いつの間にか「アクティブ・イングリッシュ」がなくなっていました。売れなくなって廃刊になったのでしょうかね?何とも寂しい限りです。あのような英語学習雑誌は最近はないですね。定期購読していると毎月雑誌が送られてきて楽しく英語を勉強できました。
こういう雑誌はもう1回発刊してほしいですね。すすめてみたくなる英語雑誌でした。

Active English

アルクの英語雑誌は、当初からある「ENGLISH JARNAL(イングリッシュ・ジャーナル)」が有名ですよね!内容はちょっと難しめですが、英語学習だけでなく、アメリカの文化や経済などのコラムも興味深い内容です。こちらの雑誌は今でも人気で続いています。

通信講座では、ヒアリングマラソン初級コース(これも今はなくなって、代わりに英語の聞き取り回路をOPEN!「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>」という講座になっています。)を受講してマラソンの文字通り完走しました。


やっぱり、英語(だけでなく韓国語も中国語もフランス語も・・・)は楽しく勉強できなくては!楽しくやっていけば絶対に身に付いてきます。あとはいかにネイティブと話す機会を持つかですね。


学びカタログ春号2008
「ヒアリングマラソン」
posted by みゅーたろー at 23:51 | Comment(2) | 英語の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
アクティブ・イングリッシュに懐かしくて反応してコメントしました。
私も愛読者でした。
2005年に休刊となったみたいですよ。
http://www.alc.co.jp/ae/kyukan.html
いい雑誌でしたので、残念ですね。
Posted by ラオウ at 2009年01月02日 22:40
ラオウさん

コメントありがとうございます。
休刊になってたんですね。でも休刊といってももう出ることはないのでしょうね。
アクティブイングリッシュで英語の勉強の楽しさを感じたから、なおさら寂しいです。
Posted by みゅーたろー at 2009年01月03日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。